とある難あり女子の日常°˖✧

どん底から這い上がれ。・*・:≡( ε:)

転機を好機に!

前回の記事から約二週間も経っていることに驚き!

ひとみぃです。

 

最近は天然石のブレスレットやインテリア作りに勤しんでおります💎

ものづくりが好きなので、楽しくて時間が経つのが早いです💦

自分で、自分好みのインテリアをつくって部屋に飾りつくしたい「(♡▽♡)」

 

そしていつかは。

ものづくりで食べていきたーーい!(現実は険しい道)

 

さて、本題へ

今現在わたしは障害年金を受給しております。

 

障害年金を申請した当時は、SLEの症状が悪化し約三か月ほどの入院。

なかなか退院させてもらえず

筋力は低下し、体重も39㌔(身長165㌢)に

抑うつ状態になり、突然変なことを話し出したり

トイレに行くのも怖い。

なぜか、トイレの帰り道に自分の病室がわからなくなったらどうしようという不安。

夜中なんて看護師さん呼び出し、トイレのドア開けたままそばに居てもらったこともあります。

シャワー室の閉鎖空間が怖くてシャワー中に突然の恐怖

シャワー室にいられなくなって落ち着くまで座り込んでました。

 

こんな状態ではもう働けない。という思いで不安になり

無駄遣いもできないので一日中ベッドの上で不安な気持ちも晴れることなく

スマホで、死ぬ方法や同じような状況の人は居ないかと検索していました。

 

精神的な障害の症状ってこうゆーことなんだ

人間誰しもストレスをため込むとこうなるんだなと実感しました😑💭

そして薬も出されるがまま、安定剤や睡眠剤を飲んだり。

どんどん脳がおかしくなっていました。

 

おかしくなってからは、姉がよくお見舞いにきてくれて

笑い話やアロママッサージ、LINEでやりとりしているうちに

徐々に良くなってきたのでしょうね。

 

自分で解決する方法を探し出し

退院できないので母に頼んで役所で障害年金申請の為の書類を持ってきてもらい

病歴・就労状況等申立書に、自分の今までの辛かった10年分の愚痴を(笑)

濃厚に書きなぐりましたww

 

病歴が長いのでいつどんな症状が出たのか明確に思い出せませんでしたが

主治医が、症状が悪化した時期のカルテを印刷してくださり書くことができました!

 

とはいっても、医師の診断書で全てが決まるみたいですけどね😎

主治医がどれだけ協力してくださるか、が決めてだと思います。

 

医師に恵まれました🥺🙏

 

本来はまだ退院できる状態じゃないのに無理やり退院もしました。

無理やり退院してよかったですよ☺️

 

現在は、まだ免疫抑制剤の点滴はしているものの

すっかり元気になりましたから💓

もうあんな状態には戻るものか!(強い意志)

 

先日、障害状態確認届が届きまして今日病院に診断書をお願いしてきました!

わたしの場合、血液・造血器・その他の障害用の診断書になります。

 

強皮症の症状が著しくSLEは症状が落ち着いているので

もしかすると受給は打ち切りになるかな?と感じています。

 

むしろ、そうなることを前提に行動した方が良いので

同時に肢体障がい者手帳取得するために動いています。

 

先日、初めて自分の両手のレントゲンをみました!

f:id:Live-purely:20210906181521j:image

第一関節の骨が見事に溶けている。

面白いですね~!長年の潰瘍、炎症による末路です。

 

今、働いている職場の環境はそれほど悪くはないのですが

健常者扱いですし、不自由に感じる場面も増えました。

 

手帳があればもっと自分に合うスタイルで働ける所が見つかるかもしれません。

コロナ禍ですしそうそう上手くはいかないと覚悟はしてますけど!

 

そもそも審査通るかはわかりません💦

医師の診断では4級でしたが。審査は厳しいので💦

 

まあきっと、心が元気であれば!

何があってもなんとかなります!☺

 

その為にも健康的な食生活だけはしっかり続けていきま~す🍀✧︎